皆さん、こんにちは。

今回は、成人したばかりの方に最低限これから持っておきたい印鑑のお話をしたいと思います。
その印鑑とは、実印・銀行印・認め印の3本となります。

ご存知の方も多いかと思いますが、実印とは個人で法務局に登録した印鑑の事をいい、銀行印とは同じく銀行で登録した印鑑の事です。

認め印については、それ以外の認めの印鑑と言えば、まず間違いはないと思います。
これらの印鑑については直ぐに使用するものもありますし、車や土地を購入する際などの人生の節目に使用する場合もあります。http://www.inshosya.com/

いずれにしれも、成人したらぜひともほしい印鑑となります。
もし、所有されていない方がいましたら、ハンコ屋さんへ行ってみて下さい。

印鑑の種類と言えば、代表的なものとして個人でいえば実印、銀行印、認印となりますし、会社であれば、会社代表印、会社銀行印、角印となります。

皆さんは、これらのうち、どれだけ印鑑をお持ちでしょうか。

個人の方であれば、会社関連の印鑑はまずお持ちでないでしょうし、必要もありませんよね。
ただ、最近は実印を持っていないとか、しっかりとした銀行印を持っていない(その他の印鑑と管理が一緒になってしまっている。)という方がけっこういらっしゃるという話を聞きます。

新社会人になられた方、これまで持っていないが心機一転購入しようという方がいましたら、よい印鑑の購入をお勧めします。

皆さんが1本は持っている印鑑の話をしたいと思います。

何の印鑑の話かというと、銀行印のお話です。
このブログをお読みのほとんどの方が1本は所有していると思います。

ちなみに私は、3本の銀行印を使い分けしているのですが、通帳と銀行印のセットを忘れてしまって苦労した経験があります。

実は、この銀行印ですが、名字以外の印鑑でも登録できることを知っていましたか。
たとえば、名前の印鑑でも登録は可能となります。
特に女性の方は、結婚を機に、名字が変わる方が多いので、名前の印鑑を使用している方が多いです。
ちなみに、シヤチハタ等の印鑑では銀行印は登録できない場合が多いです。

理由としては、印字が変形しやすかったり、大量生産のため、防犯上、好ましくないという事があります。

皆さんは、印鑑を何種類持っていますか。

ほとんどの方は、実印、銀行印、認め印の3種類なのではないのでしょうか。
ただし、その本数は何本になりますかというとけっこうな数になるのではないかと思います。

特に認め印に関しては、何本所有していても便利ですよね。
職場に数本、家にも数本という人もいるのではないでしょうか。

実際に、そういった使用方法でも全く問題ないのではないかと思いますが、私の場合には認め印は、会社の机の上と筆入れ、家に各1本の計3本としています。

なぜ、こうしているかというと数多くの場所に置いていると実際に使用したい時にどこにあるのかがわからず、最終的に見つける事が出来ない事が多かったので、少ない本数を確実な場所に置くようにしています。

4月から社会人となる方へ、印鑑についてのアドバイスです。

社会人になるにあたり、次の印鑑は用意するようにしましょう。
実印、銀行印、認め印、仕事用の確認印3本程度です。

また、それらの使用用途に分けて、印鑑の種類を分ける必要があります。
例えば、実印や銀行印に関しては、防犯上の意味も含めて、既製品ではなく、職人に彫ってもらうようにしましょう。

印鑑は長い付き合いになりますし、登録等の手間を考えるとなかなか買い替える事もありません。
購入の際は、自分の思っている印鑑よりちょっと良いものを購入するようにしましょう。

お店の人のアドバイスを聞くのも良いと思いますよ。

銀行印とは

| コメント(0) | トラックバック(0)
銀行印とは、個人が銀行にて通帳を開設する際に本人の証明とするための印鑑となります。一般的には名字のものを使用しますが、実は名前のものの使用も銀行によっては可能となります。

ただし、防犯上の意味で機械彫りのシャチハタであったり、大量生産されているタイプのものは基本的に不可となります。なので、手彫りの印鑑を使用するようにしましょう。

また、長期で使用するものとなりますので、材質で気にもそれなりのものを選択しないと、実際に使用する際に、欠けていたりすると銀行印として使用できない場合がありますので、気をつけましょう。

4つの使い分け

| コメント(0) | トラックバック(0)

私は、印鑑を4つ所有しています。

社会人の中では、けっこう少ない所有なのではないかと思います。

内訳は、牛角製を2本、シヤチハタを2本となります。
牛角製のうち、1本は小学生の卒業祝いで頂いたものです。
長い付き合いとなります。

その当時にその印鑑を銀行印として、使用した通帳も現在も現役です。
何だか、その通帳を親と一緒に作りに行った時は、大人の仲間入りって感じがして、とてもうれしかった事を覚えています。

その他の印鑑についても、入社と当時に購入したり、彼氏とおそろいの印鑑にしたり等です。

しっかりと使い分けをすれば、なんとかなるものですよ。

皆さんも、お気に入りの1本見つかるといいですね。

 私は、『実印』で1つの印鑑を、『銀行印』として、2つの印鑑、『認め印』として、3つの印鑑を所有しています。
『実印、銀行印』については、社会人になりたての頃に、会社の先輩に勧められ、ハンコ屋にて作ってもらい、それから長い付き合いとなっています。

 『認め印』については、シヤチハタを3~5年程度のサイクルにて買い替えを行っています。
買い替えを行っていると、シヤチハタに関しては、もちろんその印鑑としての性能はもちろん、向上していますが、それ以上に最近は、見た目が進化してきていて、とても面白いです。
私には、最近、初孫が出来ましたが、その写真をシヤチハタに印刷したものが送られてきました。
これは、一番のお気に入りで、飾っています。
印鑑を作ろうという時は、ぜひ実印、銀行印、認め印と3本セットで作ってみませんか?

それは、このような売り方をしていることが多いのと、それぞれが同じシリーズでもつというのはいかがでしょう?

それに3本セットの方がお得になっているというのもおススメの理由です。
箱に3本バッチリ入っていると、なかなか見ものですよ。

なんとなく大人になったと実感できるものです。
就職のお祝いなどにも、お勧めできるものです。

今まで印鑑を作ったことがないという方、ぜひ3本セットで作ってみてください。

銀行印だけ欲しいという場合などについて、単品でもいいですが、材質にこだわってみるというのはいかがですか?

白紙に印鑑、というのは、白紙委任状というものです。
○○にこれを託すという意味で、その内容を自由に書かれてしまったら、
何も文句はありませんというものです。

ですから、よほどのことがない限り白紙に印鑑を押すうことは避けたほうがよいでしょう。
少し大袈裟ですが、何かの犯罪などに巻き込まれて、
とんでもないこと(貴方の全財産を譲るとか、何かの権利を譲る)
になりかねません。
印鑑と署名などがある場合、全て有効な記事になってしまうのです。
ですから、軽はずみに印鑑を捺してしまうことはやめてください。
委任状を託す時には信用が絶対という方だけでね。
印鑑価格情報http://www.nttx.co.jp/